iOS12.4で新機能!古い端末から新しい端末で直接データを転送できる

先日iOS12.4がリリースされましたね〜。
私は個人的に新iOSのリリースが嫌いです。笑
なぜかというと、取り扱っているバッテリーが新iOSに対応するか(設定の最大容量を正常に読み込むか)全機種確認しないといけないので、面倒だからです。
あと、対応しなかった場合にまた仕入れる会社を変更しないといけないので、バッテリーの確認作業が非常に憂鬱です。
今回はすでに確認は終了しておりまして、無事読み込むことが確認できました!
ひと安心。

iOS12.4では非常に便利な新機能が搭載されました。
古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを直接転送することができるようになりました!
うちはこのところ、中古iPhoneの売れ行きがよく、データ移行を承ることも多々あるので、早速アップデートして試してみました♪(師匠さんが)
左の黒から右の白にデータ移行しました。


IMG_0007 2.JPG


データ移行中・・・。 


IMG_0009.JPG


データ移行も完了し、新しいiPhoneで設定中です。


IMG_0011のコピー.jpg


完了!!!

IMG_0012.JPG



みんなが気になるところとしては「どこまで正確にデータ移行できるのか?」ということだと思います。
結論から言うと、ほとんどすべて同じようにデータ移行できたそうです。
写真や連絡先はもちろんですが、アプリの中(ログイン状況)まで丸々入ったそうです!
LINEだけは試していないので分かりませんが、それ以外は元のiPhoneのまんま移行できたそうです。
ビックリしたのはApple IDとパスワードを求められなかったこと。
データ移行の際に困ることとして「Apple IDとパスワードが分からないこと」。
今まではApple IDとパスワードを忘れていると、アクティベーションロックが解除できずデータ移行に進めなかったのですが、このデータ移行法ではApple IDとパスワードを求められなかったので、とりあえず忘れていても大丈夫そう。
まぁApple IDとパスワードは絶対に分かるようにしておいた方がいいのですが、とりあえず、ですね。

それと、注意点としては、古いiPhoneも新しいiPhoneもiOSが12.4でないとデータ移行できないようです。
ですので、新しいiPhoneも最新のiOSにアップデートする必要があるようです。

今までは「iTuens(パソコン)でバックアップを取ってデータを入れる」というのがデータ移行法としては基本だったのですが、多くのユーザーがパソコンを持っていない現状を考慮し、パソコンが無くても問題なくデータ移行できるように改良したのではないかと思います。
非常に便利になり、私としてはかなり有難いです。
気軽にデータ移行できるようになればもっと中古端末を提供しやすくなるので、良い機能を出してくれたなぁと感じています^^
簡単なので皆さんもやってみてください!