iPhone8・コピーパネル→再生パネルBへ


先日、取手市よりお越し頂きましたお客様のご修理事例をご紹介させて頂きます。
お客様ご来店誠にありがとうございました^^


本日の機種はiPhone8です!
8の修理をご紹介するのは初めてです。
というのも、8に関しては一時期はご修理受けていたのですが、8にコピーパネルをつけると不具合が起きる事が非正規店で頻発しており、また、再生画面に関しても品質の良いものが手に入らなかったので、そのリスクを考慮して8はしばらくご修理を中止しておりました。 


今もまだ8はコピーパネルは準備しておらず、再生のみ細々と始めている段階なので、ご修理件数が少ないため8の修理はご紹介できずにいました。
そんなところ、以前8のご修理を受けていた時のお客様がご来店され、ご修理依頼をいただきました。
実は今回のお客様、少し前に「交換してもらった画面のガラスをまた割ってしまったので、修理してくれないか?」とお問い合わせ頂いていたんです。
最初にご来店いただいた時は8のガラス割れで再生画面に交換していたのですが、その数ヶ月後にまた割ってしまってご修理のご依頼を頂きました。
ただ、その時にうちの状況が上記のように8の修理を止めてしまっていたので、うちでは受けることができず、近場の他の修理店をご紹介致しました。


この日来て頂いてお話を伺うと、以前お問い合わせいただいた後、私が紹介した他店に行ってコピーパネルをつけたそうなんですが、交換後少ししてから左下を破損させてしまい、さらに液晶右下のタッチが反応しなくなってしまったということでした。



IMG_0758-2.JPG



そこで今回、うちへ再度ご来店、タッチの反応が直るかどうか見て欲しいとご相談いただきました。
どうして前回の店ではなく、うちにいらして下さったかというと「コピーパネルを使用してみて低品質さを体感し、やっぱり再生の画面がいいと思ったから」と教えてくださいました。
iPhone8に関しては、コピーパネルが端末側に様々な不具合を起こしてしまう可能性があるため、うちの検証機にお客様のコピーパネルをつけてお見せすることが出来ないのが残念です。


ご修理前に画面を拝見したところ、典型的なコピーパネルというような印象を受けました。

照度が低い(暗い)、タッチの反応が悪い・遅い、液晶の強度が弱い

当ブログ購読者の方にはおなじみのこの画像。笑

画面の違い.jpeg



画面が破損するような大きな衝撃を与えてしまうと、コピーパネルではまず間違いなく液晶面が壊れてしまいます。

今回のお客様は過去何度もガラスを割ってしまっている経験があるので、以前は「もうどうせ壊れるんだからコピーパネルでいいや」と思っていたそうなんですが、実際に使用してみて、その低品質さを体感されたことで「やっぱり安物は安物なんだ」と実感され、再度うちの再生画面をつけに来て下さったそうです。
うちは再生画面が売りの修理店なので、こだわっている部分をお客様にご評価され、再度ご来店いただく動機になることは本当に嬉しくやりがいを感じます。



ただ、8に関してはまだ修理代も高いのであまりご負担が大きくなると大変かと思ったので、今回は再生画面のB品をご提案させて頂きました。


今回のB品は液晶が若干色むらのあるものだったのですが、ご修理前に実際にその画面を見ていただき「これなら通常よりもお安く出せるのですが、いかがでしょうか?」とご提案したところ、ご希望されたので出させていただきました。
B品はいつもあるわけではないので、今回ある時にいらして下さって良かったです^^
B品といっても液晶面は純正なため、照度や強度は何の問題もないので、リーズナブルに修理できる上安心してお使い頂けます。
うちはフロント画面は、コピー・再生・再生Bと3種類ご用意しているので(Bは無い時もあるけど)、用途や予算に応じて最適なものをお選び頂ければ幸いです。


IMG_0012_sRGB.JPG



そして、もうひとつ。
今回のお客様は問題ありませんでしたが、上でも少し触れましたが、iPhone8はコピーパネルを一度認識させ、その画面を取り外し再度新しい画面をつけると様々な不具合が起きる事例が多く出ております。
ですので、iPhone8のお客様はご修理の際、コピーパネルを選ぶ時はよく考えてからにしてください。
そのコピーパネルが端末側へ不具合を起こしてしまうというのは、最悪一切起動しなくなってしまう可能性もあるということです。

iPhone6Sまではコピーパネルでも大した問題はありませんが、iPhone7と8はコピーパネルをつけた端末においてかなり多くの問題が起きています。



7と8のコピーパネルに関してはただ単に「壊れやすい」というだけではありません。
「不具合が起きる」というトラブルも頻発しておりますので、安易にコピーパネルをつけないように気をつけてください。
私もうちのお客様にはしつこいくらいに説明して納得してもらってから選んでもらうようにしていますし、他店でコピーパネルをつけた端末を持ってきたお客様には「新しい画面を認識させると、最悪起動しなくなることもありますが、それでも大丈夫ですか?ご不安でしたらバックアップを取ってきてください。」と伝えております。
それくらい安易にはつけてはいけないものです。
安さに惹かれるのはよく分かりますが、その代償をしっかりと考えて、総合的にメリットが大きい方を選ぶようにしてください。

そして、iPhone7と8に関しては再生画面を取り扱っていないような店には行かないようにしてください。
ハッキリ言いますが、今のこの状況で7と8でコピーしか使っていないようなところなど、信用するに値しません。
世の中でここまで様々な不具合が起きているのに、それを全部無視して安さで戦うためにコピーしか使っていないなんて、お客様のことを考えているとは全く思えません。
iPhone6Sまではいいと思います。
コピーだけでも。


うちは基本的には修理中に端末を壊してしまったら端末は買い換えてお渡しすると決めておりますので、壊すと買い換えなければいけないプレッシャーがあるため安易なことは絶対に出来ませんが、一般的な普通の店はそんなことまでするところは、まずありません。
修理中にお客様の端末が動かなくなってしまっても「すいませんでした。」と言えば終わりです。


お客様も安さだけを追求するのではなく品質面や安全性も考慮して、総合的に考えて店を選ぶようにしてくださいね。
そして、安物は所詮安物であることを忘れないでください。



iPhone8IMGL8492_TP_V4.jpg



では、今回ご紹介のお客様へご来店誠にありがとうございました^^
B品は画面の出来によってご修理料金をそれぞれ別で決めているので、今回はご修理料金は記載しないでおきます。